tomoのブログ

生活の中で気になる疑問を解決します。

日常の疑問、トラブル解消関連

台風やゲリラ豪雨の浸水対策水害対策に土嚢をつくろうとしてみた

投稿日:2019年6月25日 更新日:

玄関先のどのう

梅雨に入り、結構強く降る雨の日も有って、

ゲリラ豪雨(雷付き)のニュースもちらほら聞きますね。

そして、そろそろ台風の時期です。

家の周りや、いつも停めている車の周りなど、浸水対策をしておかないと、

心配な季節到来です。

そこで、土嚢を用意しようと思い立ち、いろいろ調べてみましたので、

ご報告します。

台風やゲリラ豪雨の時の浸水対策

筆者の住む家の軒下には通気口があり、もしも、

大雨で浸水するとしたら、そこから水が流れ込んできますし、

玄関の隙間からも流れ込んできます。

通気口は塞いではいけない場所ではありますが、

台風や、大雨が予想されている日の前には、

浸水防止をしないと、逆に危険ですので、

土嚢(どのう)を用意しようと思い、いろいろ調べてみました。

筆者の自宅は、今まで数十年と、浸水の心配はしなくていいほどの

環境下にありましたが、数年前の農地改革の影響で、

水の流れの行き場が無くなり、自宅から出た直ぐのところの道が、

洪水状態になります。

大雨の降った次の日の朝には、水が引かず、

消防車に来てもらい、水をくみ上げて貰う事態にもなってしまいました。

便利に農地改革したつもりでも、こんな弊害があったなんて、

驚きでした。

土嚢

年に、何回も、車が止まってしまうんじゃないのか??

と、ビクビクしながら、水の引かない道を通るのも、ストレスがたまります。

そんな経験の上で、もっと、水があふれたら、今度は、自宅が危ない!

と思うのは、無理もないと思いませんか?

そこで、ほんの少しでもいいので、自分でできる対策をしようと思い、

土嚢を!となったわけです。

土嚢も、1つや2つでは、水は止められませんので、最低10~20は作る必要があります。

袋は、近くのホームセンターで1枚20~30円で、売っています。

まあ、そこは、買わないと用意できませんので、買いました。笑。

そこで、中身の砂です。

筆者の地元は海の町。

砂浜に行けば、砂はたっくさんあります。

但し!!ここで、ポイントです!!

砂浜の砂は勝手に持って行ってはいけません!!

県の管理物の為、許可が要るのかと思いまして・・・

電話で聞いてみました。

筆者にしてみれば、砂の用途は土嚢の中身。

どこかに採って、売るとかの目的ではなく、個人的に災害対策ですので

お話すれば、簡単に許可をくれるものかと思い、電話をしましたが・・・

「 どんな目的でも、砂は持って行ってはいけません。 」と、言われてしまいました。

他の人はどうしているのか?と、聴いてみましたが、「調査はしていません。」

とのこと・・・

という事は・・・砂まで買わないといけないということでしょうか?

目の前に、うなるほどの砂があるのに、土嚢の中身を買ってまでつくる・・・

何だか、悔しくなり、いろいろ更に調べました。

浸水対策なので、市の方の担当部署に電話をしました。

昨年の、浸水被害対策として、土嚢は取りに行けば数個は貸出ししていたようですが、

はっきりとは聞けず・・・

「自分で作るならやれば?」という対応で、どうしたらいいという、アドバイスすらくれませんでした。

災害対策・・・市民にもっと浸透していかなければいざと言う時に、

凄い被害が出てしまうのではないかと思い、不安になりました。

その後、市の消防にも電話をしてみました。

洪水で道の水をくみ出すのは消防だからです。

で、土嚢の事を聞きましたら、「中身は砂がいいです。」とだけでした。

どうしたらいいのかは、教えてくれませんでした。

東日本の地震の時に、筆者の住む地域にも津波の被害が多少でまして、

そのための避難所とかは、次々に設けられましたし、看板も多くみられます。

避難訓練もちょくちょくやっています。

ですが、土嚢すら準備しようとしない市民でいいのか?

筆者が準備しようとしていることは、間違っているのか?

確かに、災害が起きる直前に準備するものではあるのかもしれませんが、

いくら、袋が、日の光を浴びたら、もろくなり、1年持つか持たないかの

物でもですよ!

他県の自治体では、無料配布とかしている市もあることですし、

もっと、市役所や消防署の人には、こういった問い合わせに対しての

答えに、はっきりとした物が欲しかったです。

今後の課題として、ここに記させていただきます。

その後、進展がありました!!ので、更新します。

関連記事(進展分)

ゲリラ豪雨や水害対策グッズに土嚢を作ってみました【体験談】

まとめ

土嚢は、水害だけに限らず、下水道の破裂や、土砂崩れなどの災害予防にも

使われていますよね。

今回は、すぐ目の前にただで使えそうな砂があるにもかかわらず、安いところを見つけて、

砂は買う事に致します。

県の方に、ダメと言われてしまっては、泥棒になってしまいますので・・・笑。

無論、都心の方たちは、砂なんてその辺りにあることは無い訳ですしね!笑。

土嚢を備えようとして、いろいろな事を知ることが出来ました。

市民としては、不安な面も見えてしまいましたが・・・

今後の課題として、訴えて行こうと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-日常の疑問、トラブル解消関連
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スマホtomo個人の物

ドコモショップの予約 電話が繋がらないのでネット予約を【体験談】

先日行ってまいりました携帯電話ショップの ドコモショップですが、今回の、大幅な料金プランの変更に伴い 凄く混み合っていました。 予約なしではとてもではないですが、何時間待たされるか・・・ 前回は、プラ …

足のネイル

ネイルを足にやるならジェルネイルで夏の浴衣に合わせた色もおすすめ

   梅雨が明けると、ぐんと、暑さも増してきて、 裸足にサンダルや、ミュールを履く季節到来です。 そして、夏のイベントに欠かせない浴衣姿にも裸足に草履ですよね。 あ・・・下駄かも。笑。 いずれにしろ裸 …

Tシャツ

Tシャツの臭いの取り方 服の臭いを重曹で取ってみた【体験談】

去年、一昨年に着ていたTシャツが、今年、洗濯してから着たのに、生乾きの臭いがして臭い。 汚れが落ちていないはずはないのに、臭いが落ちない。 そんなお困りのことはありませんか? 管理人も、2年ほど前から …

夏の紫外線対策

日焼け止めのおすすめ 顔が敏感肌の方も安心な紫外線対策をご案内

先日は、紫外線による日焼け後のお肌の事をお話ししました。 夏の肌トラブルの原因と対処法 3大要因はこれ! 今回は、私たち、現代に生きる人々が、紫外線の新常識として持っておきたい知識について・・・ 紫外 …

気温上昇グラフ

熱中症対策に有効な手作りドリンクと冷やす方法をご紹介

暑い夏になると、熱中症対策に頭を悩ませることが多くなりますよね。 前回は子供の運動会前の熱中症対策について書きましたが、 関連記事 運動会を9月にやる子供の暑さ熱中症対策に飲み物おすすめをご紹介 今回 …

まだデータがありません。